革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

がんの再発リスクに備えたい

医療の進歩によって、がんは不治の病ではなくなってきました。
治療から5年以上再発しなければ完治と見なされており、この5年生存率は飛躍的に高まってきています。

しかし、外科手術で切除したり、抗がん剤で死滅させたはずのがん細胞が再び勢いを取り戻す「再発」は誰にでも起こりえます。
がんはがん細胞が引き起こす病気ですから、極端な話、がん細胞が1粒でも残っていればそこから増殖し再びがんとなって、私たちの健康を脅かす可能性はあるのです。
生活習慣などの改善による再発予防はもちろん、経済的な備えも再発リスクへの対策と言えます。

がん治療は病状によっては入院が長期化する傾向があり、医療費が高額な部類に入ります。
さらには先進医療の導入を希望することになれば、治療費はさらに上がります。

また、がんと向き合うのに必要なお金は直接的な治療費だけではありません。
長期入院による収入の消失といったことはもちろん、女性の場合であれば放射線治療による抜毛を隠すウィッグといった出費も考えられます。
そうしてようやく再発を乗り越えた先には退院後の定期検診がある、というようにがんの再発は経済の圧迫に直結するものなのです。

そこでまず思い浮かぶのが、がん保険。
がん保険にはさまざまな種類があり、その保障内容も千差万別。
そのため、いざという時にどれだけの保障が受けられるか、そしてどんな場合保障が受けられないかを十二分に精査することが大切です。

また、一度がんにかかってしまうと加入できないと思い込んでいる方もいらっしゃいますが、今は違います。
多少保険料は上がりますが、2年ほど再発がなければ加入できるタイプの保険が出てきています。

がんは不治の病ではなくなったとはいえ、治療に長い時間とお金がかかる病気です。
身体的なことや精神的な部分はもちろん、がんの再発によって引き起こされるあらゆる不都合を再発リスクと捉え、適切な対処をしたいものです。