革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

緩和ケアの役割の変化

緩和ケアというと、もう助からない末期のがん患者が少しでも楽しく、人間らしい生活をするための方法というイメージがあります。
しかしそれも今は過去の話。
現在の緩和ケアは、死にゆくものにできる最後のことではなく、立派な治療の要素になっています。
この役割の変化には、近年のがん治療のスタンスの変化がリンクしています。

以前のがん治療は、完治できるがんは徹底的に完治のための治療(切除・放射線治療・抗がん剤など)だけを行うものでした。
緩和ケアはすみに追いやられ、もう打つ手がない患者に対してのみ行われるという具合です。
これは治療サイドが患者にかけられるリソースを少しでも解放のために使うことが道理という考えから生まれたものです。
また、麻酔に対する知識・取り扱える医師の不足などもこれに拍車をかけ、完治治療と緩和ケアの完全分業を後押ししていました。

しかし現在は、緩和ケアへの知識、技術が進歩し、完治治療と両立できるようになってきました。
そのため、放射線治療や抗がん剤の副作用からくる苦痛もがんの症状の1つとして治療の対象にされるようになったのです。

またがん治療の苦痛は、精神や体力を消耗、下痢や便秘、呼吸困難などさまざまな二時症状を引き起こします。
これらが進めば、当然のことながら肝心の完治治療にも悪影響を与えます。
そのため緩和ケアは、完治治療と相対するものから、完治治療の効果をさらにあげるための補完的治療として広く認知されるようになったのです。

いまだに緩和ケアを受けるようになったらもう助からない、という考え方を持つ人がいますがそれは誤解です。
前向きにがんを完治させ、もとと同様かそれ以上の生活を手に入れるための第一歩です。
そして積極的な緩和治療を受けるためには、医師や病院側の努力とともに患者本人の認識の改めと、自分の症状を伝えるコミュニケーションの姿勢が大切になります。
現在がんの治療をされている方も、そうでない方も、これを機に緩和ケアに対する認識を見直してみてはいかがでしょうか。